情報の真偽を見抜くのがセフレGETへの近道

セフレサイトを比較した、便利な『情報サイト』。
サービスを利用することなくメリット・デメリットを把握できる一方、虚偽の情報に踊らされる利用者も少なくありません。
例えば、セフレサイトのランキングを扱うサイト。
上位のサイトを閲覧したら、どれも似たようなものだった・・・なんて経験はありませんか。
全く同じではないにしろ、サイトデザインやシステムに共通点が多い場合は、運営業者が共通している可能性があります。
これ自体は違法ではありません。
しかし何故、運営業者は似たようなセフレサイトを量産したのか。
なぜランキング上位を占めているのか。
その答えは『サクラ』です。
ランキング上位であれば、それだけ登録率が上がります。
このセフレサイトは評価されている―と、誰でも思いますからね。
そのために運営業者はセフレサイトを量産し、ランキング上位を占領しているといえます。
また、それ以外の情報―口コミ―にも要注意して下さい。
ページビュー数は僅かなのに、口コミは総じて高評価という場合には、やはりサクラが疑えます。
情報サイトを活用する場合には、複数の情報源を用意することが大切です。
情報は必ず取捨選択を行い、怪しげなものをふるい落としましょう。

悪徳業者の危険性

これからセフレサイトを利用するのであれば、必ず一度は『悪質業者』と遭遇することを覚悟しておきましょう。
何故なら悪質業者は、減少するどころか年々増加しているためです。
回避する術として有効なのは、利用規約のチェックです。
他のウェブサービス同様、セフレサイトにも利用規約ページが用意されています。
見当たらない、もしくは内容が簡潔過ぎるなど“あやしい”セフレサイトであったなら、登録を行うべきではありません。
また至って普通の利用規約に見えて、とんでもない落とし穴が用意されていることもあります。
安全にセフレサイトを利用するためには、一文ずつ慎重にチェックするしかありません。
注意すべき規約としては、『提携サイト』と『無料期間』をあげることが出来ます。
提携サイトに関する記述があった場合は、そのセフレサイトとは別の、全く異なるセフレサイトに同時登録されることを意味します。
後者のサイトは有料タイプであることも多く、利用の有無に関わらず請求書が届くことも珍しくありません。
無料期間に関しても注意が必要です。
完全無料・・・とあっても、実際には登録のみが無料で、利用は有料ということも。
また登録後×日間に限り無料〜となっているケースもあります。
セフレサイトに登録を行った時点で、あなたは利用規約に同意したと見なされます。
だからこそ、慎重なチェックが必須です。


公開日:

0248.
セフレサイト利用者による経過報告とは

国内のインターネットユーザーであれば、誰もが知っているだろう某大手掲示

0568.
セフレサイトで援助交際?

セフレサイトを利用しているのは、純粋にセックスを希望する男女だけではあ

0698.
セフレサイトデザインから女性層を予測する

セフレサイトのデザインにより、集まるユーザー層が異なることを知っていま

0738.
セフレサイトで一番元気なのは悪徳業者

思考が性欲に傾くと、私たちは正常な判断を下せなくなります。 そのため

→もっと見る

PAGE TOP ↑